iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

働き方改革の時代に染みわたる「あたりまえポエム」

 

iCARE公式ブログをご覧のみなさん、おはこんばんちは。

愛知県名古屋市中村区京田町1丁目24番地の4出身、尾張のプリンスこと、ゆーすけです。

 

 

 

2017年、明けましたね。明けすぎてます。明けに明けています。

前回のワタシの更新が2016年12月。3ヶ月もブログを更新していないなんて、屁のつっぱりにもなりません。

 

 

この点に関しては、痛恨の極みであり、遺憾千万であり、忸怩たる想いに震え、苦虫を噛み潰したような顔で猛省しております\(^o^)/

 

 

 

これから力んで、踏んばって、気張っていきたいと思いまプッ。

 

 

 

 

さて、突然ですがみなさん、あたりまえポエムというものをご存知でしょうか?

 

 

あたりまえポエムとは、ごくごく普通のことをロマンティックが止まらない様子で言ってみせるポエムのようなものです。

 

 

matomame.jp

 

 

この記事の中から、いくつかご紹介。

 

f:id:icareofficial:20170304231300p:plain

 

f:id:icareofficial:20170304231326p:plain

 

f:id:icareofficial:20170304231348p:plain

 

じわじわと押し寄せて来るおもしろさ、そんなところでしょうか。ツイッターで話題となり、いまやニュースでも取り上げられるほどの沸騰ぶりです。

 

  

百人一首にもその歌を連ねた天智天皇、旧名中大兄皇子が先祖であると勝手に思いこみ、父は自称ポエム職人、母は自称ポエマー主婦という、ポエムとは切っても切れない縁がある家系に育った尾張のプリンスゆーすけとしては、2017年早々黙っていられない事態が起きています。

 

 

 

 

というわけで、働き方改革が加速すると思われる2017年ならではのあたりまえポエムを作ってみました。

 

 

今回は全9作品(自作)から、厳選に厳選を重ね(自選)、ノミネートされた5作品(自演)をご覧頂きます。

 

 

 

 

 

 

ノミネート作品①

 

f:id:icareofficial:20170304223216p:plain

 

長時間労働の是正が叫ばれる昨今、働く時間は有限であるということを感じさせてくれるドラスティックな作品です。

 

 

 

ノミネート作品②

 

f:id:icareofficial:20170304223701p:plain

 

「場所にとらわれない自由な働き方」が許容される時代。違う場所で働くことを意味するテレワーク・リモートワークを行う上で、同じ会社やプロジェクトで働く人たちとの繋がりが、より一層大切だと思わせてくれるセンチメンタルな作品。

 

 

 

ノミネート作品③

 

f:id:icareofficial:20170304223204p:plain

 

賃金の引き上げ・労働生産性向上が実現していくにあたり、仕事の成果がしっかり対価となって給料に反映される時代へと変化することでしょう。そんな原点とも言える考え方に、改めて気づかせてくれるコモディティな作品となっています。

 

 

 

ノミネート作品④

 

f:id:icareofficial:20170304223159p:plain

 

女性の活躍をはじめ、シニアや外国人といった多様な方々の社会進出が働き方改革によって促進されます。人口減少の一途をたどる日本において、あたりまえとなっていくデファクトスタンダードな作品です。

 

 

 

ノミネート作品⑤

 

f:id:icareofficial:20170304223154p:plain

 

働き方改革。それはこれまでの仕事が楽になるのではなく、むしろ厳しくなっていくことを意味するものではないかと考えます。とはいえ、働くひとが働くことで健康を害して良いというわけでは決してありません。今も昔もこれからも変わらない、この自明の事実を再認識させる、いわゆるステマ的な作品。

 

 

 

 

 

みなさん、お楽しみ頂けたでしょうか?

ワタシの体内にポエマーの血はどうやら流れていなさそうだ、ということだけが伝わったかと思います。

 

 

働き方改革の根底を支えるであろうノミネート作品⑤は、iCAREのビジョン「働くひとの健康を創る」に通ずるものでもあります。

 

 

と言いますか、「働くひとの健康を創る」というビジョンでさえ、あたりまえポエムだとみなされる社会でないといけないのです。本当は。

 

 

そんなあたりまえポエムをビジョンに掲げる iCAREでは、弊社のビジョンを耳にするだけで、じわじわとおもしろさが押し寄せて来るような社会を心底本気で実現させるべく、あたりまえポエマー(エンジニア)をウォンテッドしております。

 

 

www.wantedly.com

 

 

次世代のあたりまえポエム、一緒に創ってやりましょう。

お待ちしておりまプッ。

 

 

 

尾張

 

 

オンライン保健室「Carely」開始から早いもので1年…

みなさん、こんにちは。iCARE代表の山田です。

 

f:id:icareofficial:20170307154022j:plain

 

「Carely」を世に出してから、早いもので1年が経ちました。

おかげさまで、60社、1万人を超える働くひととつながることができ、「健康を創る」ことだけに注力してきました。万一、コンディショントラブルがあったとしても、医療機関に行く前に、薬に頼ることなく健康を取り戻せるセルフケアを、専門家が伴走することで実現できることを証明してきました。

働くひとの健康をつくる要である人事総務の方々とは、いつでも気軽に相談し合える関係性を通じて、ストレスチェックや健康診断業務でのサポートを行うことでとても好評を頂いています。

 

「Carely」が1歳の誕生日を迎えられたのも、ひとえにカスタマーファーストを貫いてきた弊社メンバーの愚直な努力の賜物だと思っています。

私は彼らを誇りに思いますし、全員がビジネスマンとしてどこにも負けない成長を遂げていると感じています。

この大切な仲間がもっとわくわくするために、会社の成長は不可欠です。

成長がすべての原点であり、成長があれば、わくわくできる機会を全員にプレゼントすることができます。メンバーだけでなく、経営者として山田自身も、もっともっとわくわく成長していくことを誓った2017年3月7日でした。

 

引き続き、弊社サービス「Carely」と、わたしの大切な仲間の応援を宜しくお願いします。

社内の健康活動は「笑顔」を生む

みなさん、こんにちは。iCARE代表の山田です。

 

定期的に開催しているiCARE Timeで、パーソナルトレーナーの山野上さんに来ていただき、固くなっているカラダをスッキリしてもらったのでその報告です。

 

f:id:icareofficial:20170303134701j:plain

 

iCAREは「健康優良法人」に認定されるくらい、健康に対してひと一倍、いや十倍気をつけているプロフェショナル集団です。

一部、まだ引き締まっていない方もいますが 笑

そのような集団であっても、月1定期的にやらないとどうしても運動習慣が疎かになってしまいます。

 

健康を創るためには、食事・運動・睡眠・マインドの4つを高める必要があります。

その中でも運動とマインドは最も難易度が高いです。

理由は、習慣化する前に辞めてしまうからです。

では、運動の習慣付けで最も大切なことは何か知っていますか?

 

それは、日常にある「自分の習慣」の延長上に「運動」を加えることです。

例えば、山田は1週間に1回ジムに行ってストレッチ・スイム・筋トレ・ランニングを2-3時間かけてやっています。しかし、一時期行けないときがありました。

 

それは、日曜日にジムに行く習慣になっていた時期です。

「日曜ゆっくりと家でくつろいでいるときにわざわざ…」

そういうときって悪魔のささやきがあるわけです。

みなさんも経験ありませんか?

 

 家で筋トレすれば良いから。。。

 昨日ちょっといつもより走ったから。。。

 今日の食事減らせば良いから。。。

 

そうなんです。

ささやきだらけw

 

そんな習慣を脱したのは、ジムに行く日を土曜日に変えたことがきっかけです。

私は土曜日、総合内科と心療内科のクリニックで、9時~15時まで患者さんと向き合っています。

 

そうです、ここなんです。ポイントは。

毎週必ずある習慣に「運動」を「追加」することで、継続できるようになったわけです。

今まで続かなかったひとは、是非お試しください。

 

 

f:id:icareofficial:20170303134650j:plain

 

 

さて、話をiCARE Time に戻して

今回も山野上トレーナーから、みっちり45分間ストレッチとトレーニングをやってもらいました。


◆山野上トレーナーのプロフィール

tr-yama.com

 

弊社人数も増え、デスクで運動のスペースがなくなったため、椅子を使ってやるプログラムを中心にやってもらいました。

これがまた、秀逸なプログラム!!

ゲーム感覚でみんな笑いながらやり遂げました。終わった後のすっきり感はやっぱり良いものですね。PC業務で固くなっていますから。

 

 

オフィスでやることによって、「笑顔」が生まれるわけです。

トレーニングしているときは、上司も部下も部署も関係ない。

副次的な効果として、個人の健康だけでなく組織の健康にとっても大切だと感じています。

組織を健康にするには、みんなで笑顔を増やせば良い。

 

f:id:icareofficial:20170303135148j:plain

 

 

人事総務の方で山野上さんに1度お願いしてみたい方は、山田まで連絡下さい~

半端なくスッキリして、チームが笑顔になりますから。

 

 

f:id:icareofficial:20170303134719j:plain

 

みなさんのワークライフに、運動のあるひとときを~。