iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

『運動習慣』を継続するヒントを知れば健康なんてへっちゃら!!

こんにちは。

iCAREの山田です。
 
今日は『運動習慣』についてお話したいと思います。
仕事でもそうですが、パフォーマンスを維持し良い結果を生み出すためには、習慣化が不可欠です。
それは、プロ野球選手でも、営業でも、カウンセラーでも変わりません。
最も大切なことは、リズム良く『習慣』になっているということなんです。
 
  
私自身の運動習慣についてご紹介します。
わたしは沖縄の病院で研修し、その後離島医療を経験しました。その後、今の仲間と出会うきっかけとなったビジネス・スクールに行きました。卒業して、病院再建の仕事と同時にiCAREを創業するわけですが、3年前に体調が悪化し、ココロがすりきれていた時期がありました。
当時、提供していたサービスが全く売れず、会社の存在意義すら見いだせなくなっていたわたしは、それまで日常的に行っていた習慣、例えば1週間に1回必ずジムに行き運動するということをしなくなっていました。

あるとき、あまりにカラダが疲れていたため振り返ってみると、3ヶ月間いままでやっていた『運動習慣』を全く行っていなかったことに気がつきました。忙しいとか、いろいろ理由をつけてサボっていたのです。
しかし、『運動習慣』を取り戻すことで、アタマが冴え、集中力を高めてものごとに取り組めるようになりました。
 
 

f:id:icareofficial:20170416114747j:plain


わたしの経験からも、成果を高める、コンディションを悪くさせない『運動習慣』はとても重要なことなのです。このときの経験で、運動習慣を継続するためには「法則」が大切なんだと気づきました。
 
それは、運動を習慣化するためには、日常の別の『習慣』に紐付けることが、習慣化しやすく継続するということです。
私は、毎週土曜日朝から昼過ぎまで診療の現場に立っていますが、診療が終わるとすぐにジムに行って、ストレッチ→スイム→筋トレ→ランニングの順番で2〜3時間運動をしています。毎週、診療のために外にでるという習慣があってこそ、運動習慣を継続できているわけです。
 
 
今日お話したかったのは、2つの大切なことです。

1.継続的に成果を出し続けるひとは、ココロとカラダを整える運動を習慣化している

2.運動の習慣を継続するためには、今やっている習慣に追加して行動すること
 
 
習慣が継続しない方の健康行動サポートについても、チャット健康相談Carelyで専門家が行っています。習慣化は一人だとどうしても脱落しがちなので、専門家の伴走は、とても効果的なのです。
 
 
健康を創れば、自分もみんなもハッピーになれる。
当たり前の行動を当たり前に続けて健やかな毎日を送りましょう。

はじめまして(^^) ワカバヤシです。

はじめまして!

4月よりジョインした若林晴菜です

 

主にマーケティング関係に携わっていきます 

これからお会いする機会があるかもしれませんね!

ぜひよろしくお願いします

 

f:id:icareofficial:20170405215844j:plain

 

今回は簡単に自己紹介です

 

宮城県仙台市出身→の大学生は福島

 

②学生時代はソフトテニスに熱中、今では想像できない程真っ黒

 

f:id:icareofficial:20170406101200j:plain

 

③福島では大自然でお酒を浴び……ん?←若い頃しかできません笑

 

f:id:icareofficial:20170406101239j:plain

 

④就職は東京→→→今に至ります笑

 

さて少しだけ…私は俗に言う妊活中のアラサーです

とは言え、まだまだ自己流の初心者であります

 

妊活・妊娠・出産・育児と仕事の両立&周囲の理解…

 

 

…難しい…まだまだそんな世の中です

 

色々考えた上で転職しました

 

女性が働く&子供を授かるってナゼこんなに難しいんだろう?

と私自身が直面した問題でした

 

不妊の外的要因ってストレスや働き方の影響が非常に大きいのです

 

 

 

 

そんな時iCAREに出会いました

もしかしたら同様の悩みを持つ人へも何か提供できるかもしれない…!

 

 

まずは自分の環境から整えて、自身で証明できたら…

というのが今の目標です

 

詳しくはまた後日書かせていただきます

 

 

働く皆様の健康を創るためにも

多くを学んでお役立ちしていきたいです!

 

 

よろしくお願い致します☆

【CTOブログ】スタートアップに挑戦して2ヶ月が経ちました!

 

 こんにちは、CTOの石野です。

 ジョインしてから2ヶ月が経つので、今まで感じたことを色々と書きたいと思います!

 

f:id:icareofficial:20170326160447j:plain

 

やりたい事が多い! 

 いいですね〜

 

 やりたいことが多い! やることも多い!

 

 具体的には、

  機能改善、追加開発はもちろんですが、
  システムの最適化、堅牢化
  開発方法、テスト方法の効率化
  月次レポートやKPIなどの業務効率化
  バックオフィス環境の向上(イントラ、グループウェア
  採用!
  社外へのアピール!
  営業!(アライアンスなども含む)
  …などなど

 

 私の場合、「システムをより良くする & エンジニアの文化を作って行く」ことが
 大きな命題なのですが、色々と手を出すのが好きな性格なため、体がもう一つ欲しいです! 

 

ゼロから作れる、事業戦略もみんなで

  まぁ、醍醐味ですね。

 サービスの機能もそうですが、社内ルールや文化を作っていくのもそうです。
 一人一人の距離が近いからこそ、皆で考えられるステージにいると思います。

 

事業への親近感、同じ感覚の仲間と

  各自が、事業/サービスに誇りを持ち、かつ、

 楽しみながら良いモチベーションを保っていると思います。
 (弊社のクレドでもある「楽しまなければプロじゃない!」。)

 

 自然とお互いへのリスペクトも生まれますね。

 

 大企業にいるとどうしても意識が違う人がいるんですよね。
 これはつらいし、変えるのが難しい...

 

 今後のエンジニアチームを作っていく上での大事なポイント!

 

 同じ感覚で信頼できる仲間であれば、細かいことは抜きで全て任せるべきですし、
 個人に対する管理だとか環境などはナンセンスと考えてます。(特にエンジニア)
 この部分は話が長くなりそうなので、このくらいにしときます。

 

バランスが大事 

 やることはいっぱいある上にスピードも早いので、

 優先順位をしっかりつけることは重要ですね。
 しかも、優先順位は色々な要素で変わってくるものなので、対応力も必要です。
 作業1つにおいても、まずはやってみることが大事なものもあれば、
 進め方を吟味して共有してからが大事なものもあったりと、

 色々な意味での「バランス」が大事になっています。

 

スタートアップへの挑戦を考えてる人へ

  ということで、最後になりますが、私なりのアドバイスを送ります!

 (まだ2ヶ月しか経ってねぇだろっ)

 

 その1.「こいつと働きたい!」と本当に思える人がいる
   まぁ、スタートアップに関係なく、あたりまえの事ですね。

 

 その2.全員と会いましょう
   これ大事です。絶対に会いましょう!
   それなりに人数がいるのであれば、自分の部署の仲間は全員会いましょう。
   少ない人数でのスタートアップにおいて、
   感覚が合わない人やネガティブな人がいたら結構危険かなと。

 

  これだけです!

 

  家庭もお金もとても大事なことですが、上記2点がぶれていなければ大丈夫です。

 

だって自分で何でもできるのが、

「スタートアップ」ですからっ!

 

 ということで、iCAREの最高の仲間とともに
 最高のエンジニアチームを私と作ってくれる仲間を絶賛募集しております!!!

 

www.wantedly.com