読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

運動してますか? 横浜マラソン奮闘記‼︎

MOVE

CMOの片岡です。

 
我らがiCARE、日本を代表するヘルスケアカンパニーを自負するからこそ、働くメンバーには『二つの鉄の掟』があります。
 
一つ目の掟は、タバコを吸わないこと。
私、人生で一本も吸ったことないので、これは難なくクリアです。
 
二つ目の掟は、週に一回以上運動すること。
 
これがなかなか厳しい…
習慣化しないと続かない…
だって、毎日忙しいじゃないですか…
 
しかも、私何をかくそう、相当のズボラです。
すぐに言い訳を作っては運動をサボります。

忙しい日は仕事を理由に運動をサボります。
「睡眠不足で運動したら余計に不健康だよ…」

雨なんて降ろうものなら、出かけない格好の言い訳材料です。
「今日は家でおとなしくしとけという思し召しだ…」
とかなんとか納得しちゃうわけです(笑)
 

横浜マラソンへの挑戦

そこで…
自分を律するため、大きなマラソン大会とかに応募してみたりするのです。
東京マラソンは残念なことに5年連続の落選だったわけですが、なんと横浜マラソンの抽選に見事当選‼︎
 
こりゃでるしかないっしょ。
 
当初は、今日に合わせて万全の調整を行って、勝負に臨む予定でした。
 
が、仕事の繁忙と重なり(という言い訳を多用し)、事前のトレーニングはほぼできず。
マラソン出場前には、通常1ヶ月100kmくらいの走りこみは最低でもしたいところですが、先月のランニング実績は15km…
#マラソンをなめてんのかと。
 
なんという、準備不足…
サブ4狙いとかいいたいところでしたが、この状況なので今回は4時間半を目標に走りました。
 

マラソン当日

f:id:icareofficial:20160313154844j:image
 
いよいよスタートです。
25,000人のランナーが走るのは圧巻です。
※私、人混みキライです…
f:id:icareofficial:20160313154926j:image
 
うぉ〜、スタートラインで剛力彩芽が手を振っている!!
これはテンションあがります!!
※写真手で隠れちゃってますね…(涙)
 
そんなこんなで、最初の10kmを57:46で通過。
(ワタシ的には)まずまずのタイムです。
 
15kmを過ぎたあたりから、なんとなく感じる体の違和感。
走っていると大体わかるんです。
どこくらいまで体が持ちそうか。
今日は完全にハーフで限界がくる兆候…
 
そうこう言っているうちに、20kmを1:55:22で通過。
ここまでは、まあまあ予定通りのタイムです。
 
ただ…
もう足が限界来てました。
 
走りこみが足りないのが、ここにきて鮮明に。
ここからは、もう完全に足の制御がききません。
もはや気力との戦いです。
 
通常30kmの壁とか言われたりしますが、壁来るの早い。
明らかな調整不足…w
 
横浜マラソンがおもしろいのは、ここから首都高を走ります。
普段高速道路を自動車以外で走る機会がないので、とても貴重な体験でした。
 
f:id:icareofficial:20160313154909j:image
 
高速道路のカーブって、傾斜がすごいんですね。
なんと走りにくいこと…
そして、単調な景色にますます心が萎えてきます。
 
ペースは落ちたものの、30kmを2:59:31で通過。
この頃から、もはや足は限界です。
全くいうことをききません(笑)
 
悶絶しながら、マラソンと人生、マラソンと経営って似てるな〜と思って走りました。
 
◆日付け入れないといつまでたってもやらない
今回もマラソンの申込したわけです。
そうすると、否が応でも当日は来てしまいます。
今回は調整イマイチだったわけですが (^_^;)、練習するきっかけにもなるわけです。
そういうわけで、まず目標に日付け入れるの重要だなって感じました。
 
◆ペース配分が大事
前半は、結構勢いだけで乗り切れたりします。
でも、そこで調子乗って突っ込み過ぎると、後半ダメージが倍返しできます。
若い時(前半)って勢いだけで乗り切れたりするじゃないですか。
でも、長い人生を中長期で見据えたペース配分って大事だなと改めて思いました。
 
◆エネルギー補給が大事
これもペース配分と似ているのですが、給水やエネルギー補給を怠ると、後半ものすごい勢いでガス欠します。
これも人生と似てるな〜と感じました。
若い時(前半)は何もしなくても持ちますが、後半の体力が落ちてきたところでどうペースを落とさないでいられるか(成果を出し続けられるか)というのは重要だなと。
 
◆ライバルの存在は大事
知らない人ですが、この人には負けたくないなと勝手にマークして走ると、モチベーション維持できたりするのです。
自分よりも年上の方に負けたくないとか、勝手に仮想敵を設定すると、自分の成果につながるなと。
 
◆周囲の応援はとても心強い
マラソン走っていると、周囲の方が全力で応援してくれます。あれ、ほんと励みになるんです。きっと一人で走ったら途中で諦めてしまうかもしれません。もっと休憩したかもしれません。周囲の方の献身的なサポートってほんと大切にしなければならないなと感じましたし、僕自身も誰かのサポートをしていかないといけないなと感じました。
 
◆とにかく走り続けることが大切
しんどくなってくると、歩きたくなる衝動にかられます。
そんなときでも、ゆっくりでも走り続けることが重要です。
速度はちょっとの差かもしれませんが、その1秒が10秒に、10秒が1分にと「走り続ける」ことが最後大きな差になって結果に現れます。
とにかく続けることの大切さです。
言い換えればグリットという考え方かもしれません。
 
そんなこんないろいろ考えているうちになんとかFINISH!!
ネットタイムで4:32:58。
目標には少し及ばずでしたが、逃げずに参加した自分をほめてあげたいと思いますw
(なんて甘い…)
 
f:id:icareofficial:20160313154943j:image
 
人間って意思の弱い生き物です。
誰かの目がないと、すぐにサボってしまいます。
そんなとき、あなたに寄り添って健康をサポートしてくれるサービスが、先日リリースした「carely」です。
僕のサボりグセも、carelyでサポートしてもらいたいな〜w
皆さまも健康でよい週末を!!