iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

仕事と妊活② 妊活の環境

妊活継続中のワカバヤシです(^^)

 

前回は妊活を意識し始めて最初に感じたことを書きました

icare.hatenablog.com

 

今回は「妊活をする環境」にします

 

私は妊活って「子作り」だけではなく

妊娠をする状態・環境を「自ら整える」ことだと考えています

 

内部要因・外部要因それぞれありますが

両方とも整えて初めて「子作り」に打ち込めるのではないかと

 

まず内部要因については、自分主導で変えることができます

 

食事内容の見直し、適度な運動

サプリの飲用、温活、通院など・・・

 

これらは自ら事で進められます

 

しかし、自分だけではどうにもできないのが外部要因です

 

 

さて、前職で感じた「独特な孤独感」から様々なことを考え

私がとった行動は「環境を変える=転職」でした

 

なぜなら

「この職場でも妊娠はできるかもしれない、でも

妊娠するまでも、それからもきっと不要なストレスが多いな・・・」と

感じてしまっていたからです

 

ワーキングママ同僚の心無い言葉や、既婚女性に対する考え方に

辟易としていました

 

なので、私はそこから逃げました

 

私がまっすぐ進めば、会社の何かが変わるかも・・・とも思いましたが

パートナーや家族のこと、ライフプランを考えた時に

「踏ん張るポイントが違う」と思い、自分を守りました

 

それだけ、周りの力が妊活に影響を与えると感じたからです 

一昔前の私なら確実に踏ん張っていました笑 

 

 

仕事を辞めるだけでいいのでは?という声もありましたが

私には専業という考えがありません

 

だから私は欲張りが出来る・・・

仕事をしながら、妊活も出来る場所を探しました

 

 

夫とは、結婚して初めてじゃないかというくらい

私達にとっての仕事の位置づけについて何度も話し合いました

私のわがままを受け入れてくれた夫に心から感謝しています

 

 

f:id:icareofficial:20170715165622j:plain

 

これが私の妊活の最初の形、ほんの一部です

 

環境を変えるというのは勇気が入りますし、パワーも必要です

新しいことを始めると、どんなに楽しくても疲れがたまります

 

ただ、現状維持をすることによって自分を苦しめるのであれば

逃げてもいいのかなと

 

私個人の考え方なので、決して転職を勧めているわけではありませんよ!笑

 

転職しなくても、その環境が自分にあっていれば全然OKです

 

つまり「どんな環境で」妊活に取り組むかというのを

しっかり考えて希望の環境を作ることも「妊活」なのだと思います

 

妊活っていつどんなタイミングで終わるかわからないし

正解がないため、いつも不安やソワソワがついてきます

 

しかし、将来「あの時やっておけばよかった」という後悔をしないためにも

自分にあった環境で自分のペースで妊活を進めていきたいなと感じています

 

 

もし、同じような悩みを持つ方がいたら・・・

その時は自分に素直に、何が大切かを考えてみてくださいね

 

自ずと答えは出てきます

 

その代わり、自分で決めたことにはしっかりと

責任を持ってやり抜く覚悟が必要です!!

 

 

私は今iCAREで奮闘中です(^^)

 

 

またそのうち妊活について書きますね