iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

iCARE、ストレスチェックセミナーやってるってよ

こんにちは!若林です(^^)

 

私、結構映画好きなんですよ〜

なので題名は5年前の「桐島、部活やめるってよ」にかけてみました!

(いつか映画について語ろう〜♬)

 

そんなことはさておき・・・

 

今、iCAREでは「ストレスチェックセミナー」を毎週水曜日夕方に開催しています

無料ストレスチェックセミナー|本気のストレスチェックご存知ですか?iCARE

 

よって今回は、私が感じるストレスチェックについて書きます

 

f:id:icareofficial:20170802175350j:plain

 

まず、私はお恥ずかしいことに

iCAREに入社するまでストレスチェックが何なのかすら知らず

ただのド素人、従業員側に近い感覚でした

 

試しにストレスチェックを受検しても

 

運用する人事労務担当者は何をして、何が起きて

「何に困り、後手に回してしまうのか」

「本来の必要性・実施の意味」

「企業だけでは完結できないこと(産業医と連携)」

 

等々・・・挙げ始めたらキリがない、わからない事だらけ

 「人事労務の人って大変だなぁ・・・(^^;)」と感じたものです

 

 

一昨年12月、ストレスチェックが義務化され

「何!?義務化だと?!」と未実施企業が「とりあえず導入」に

至ったケースが多かったようですね

 

その結果、企業としてストレスチェック制度に取り組んでいるのに

流れ作業、面倒くさい制度、無駄な時間・・・

と感じている方が多いのなんのって!

 

(あ、もしかして同感してます??)

 はい、残念です 

 

 理由は「やらなきゃいけないからやってるだけ」

「どうせウチの会社は良くならないよ」

「(きっと)予算取れないし安ければ何でもいいのよ」といった

マイナスな印象が多いです

 

しかし、どうせやるなら

「人事労務として組織活性化を促進、成功させたという実績を作って欲しい!」

と私は思うわけです

 

そのキッカケとして「ストレスチェック」は使えます!

 

なぜかって?

・受検率でそもそも企業と従業員との関係性がわかっちゃう

集団分析結果で組織のストレス度や人間関係が数値でわかっちゃう

・結果に基づいて、企業のあるべき姿に導く人事戦略が組める! …etc

 

どんな結果になっても組織で最も大切な「人事戦略」について

具体策の足がかりになるからです

 

そのためにも、ストレスチェックの基礎知識をしっかり学び

前年度からわかったことを活用してほしい!と感じています

 

なので、そんな2年目だから感じる疑問や不明点を解決させるために

セミナーを開催しているのです

 

不覚にも「あ、同感」と思った方

「実績つくりたい!」「もっと学びたい!」

「今年こそはちゃんとやるぞ!」と感じている方

 

ぜひ一度セミナーにお越しください☆

 

丁寧に詳しくご説明させていただきます!

www.icare.jpn.com

 

初導入・検討中の企業様向けも開催中です!(今月は23日)

 

セミナーについて、ストレスチェックについて

聞きたいことがありましたら、お気軽にご連絡くださいね!

 

 

文章が長いな、長すぎたな・・・すみません!

 

あ、最後に・・・・

 

iCARE、ストレスチェックセミナーやってるってよ

 

 

はい、ここまで!