iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

仕事と妊活③ 病院に行くこと


こんにちは!ワカバヤシです

 

妊活を始めて早1年、意識し始めてから1年経過して
子どもが出来ないと「不妊」と言われます

・・・該当しました、私

よって、とうとう私は先日、不妊専門外来へお世話になることを決め
今後どうやって進めていくか夫婦で話しておりました

今日はその時のお話です💡

f:id:icareofficial:20171029125041j:plain


:仕事は?

:続けるに決まってるじゃない

:大変じゃない?

:何が?

:休んだりしないといけないし・・・

:大丈夫だよ、会社には妊活してるって話してるし

:なら良いけども

 
「あぁ〜これが普通だよなぁ〜」・・・と思いました
夫の反応は一般的だと思います

不妊外来は身体のリズムに合わせて通院することが多いです

病院に行くと

「では次は◯日に来てください」
「明日また来てください」
「◯日に検査をします。体調が悪くなることもあります」

など、自分の身体なのにわからないことが多く
急な通院が必要になったり、体調不良に悩まされることもあります

つまり、職場で「急ですが明日休むのでこれお願いしたいです・・・」
みたいな「迷惑をかける」ことが発生するんですよね

よって、彼は仕事をしながら病院に通うことは難しいのでは?と
考えたようです

一応初回の診察・説明を受ける際に夫に同席してもらったため
彼なりに考えてくれたのだろうと、ちょっと嬉しかったのは内緒ですw

※実際に夫が今に至るまで、かなりの苦労がありました
温度差を埋めるのは難しい!この話はまたいつか・・・

前の職場だったら夫同様「難しいかも」と考えていたかもしれません

「また病院?」「早退・遅刻多くない?」なんて言葉が
影から聞こえてきてもおかしくないような環境で
ましてや妊活を意識したことがない人達からしたら仕方ないです

確かに通院のせいで「業務への士気が低くなっている」のであれば
そう言われても仕方ありませんが「仕事頑張る!」という人にとっては
大きな問題だと思います


私の場合、幸い代表の山田をはじめ、採用面接の段階で
「妊活をしながら働く」ことを受け入れてくれていたため
通院についても理解がありました


実際に山田へ通院の報告をした際のメッセージです
(無断掲載w)

 

妊活をするって決めたのだから、出来る範囲でマッハで仕事もすれば良い。
妊活イコール仕事をしない、みたいなものを払拭してくれ。
妊活しても仕事も出来る。
もちろん体調が悪いとか病院に行くのは、休むのが当然だと思うので。

  

私は「その通りだ」と思いました

人は「仕事に対する考え方」が異なれば「出来る範囲」も異なりますし
周囲の理解やフォロー等がないと成り立たないこともたくさんあります

しかし、私自身が「妊活しながら仕事もする!」と決めた以上
創意工夫を重ねながら、出来ることを1つずつクリアにしていくことが
今の私にできることだと考えています



今回、私にとって通院は思いがけない選択肢でした

検査結果により、ショックな事もありましたが
ずっとクヨクヨはしていられませんで、通院を決めました

私同様に不妊に悩む人はたくさんいます
(病院に行って人の多さに驚きました)

中には仕事をしながら通っている人もいますし
仕事のアポの合間を縫って通っている人もいるそうです

少しでもそんな方々が、仕事にも妊活にも取り組みやすい
環境が増えるといいなぁ〜と感じているこの頃なのでした

 

あぁ・・・また長すぎましたね
怒られちゃうかな笑