読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

ヘルスケアとベンチャーと私②

皆さん、こんにちは。
iCAREのイサカリです。
先日のブログ初エントリーから随分と時間が経ってしまいました。
いやぁ、ブログって大変ですね!(いきなり言い訳)

※前回の内容は念のためこちらです※

 

本年度も、皆々様の支え有ってなんとか年を越すことが出来ます。

ありがとうございます。来年もメンバー共々全力で頑張って参りますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

最近うちの若手が割と面白いブログを書いて結構PVを稼いでいるので、

 

私も今日は趣味のオオクワガタのブリーディングの話でもしようかと思いましたが、たいしてウケそうにないので、再び真面目路線でいきたいと思います。

 

前回はよく受ける質問である「なぜ事業としてヘルスケアビジネスを選んだのか」という事に関して、原体験も含め書かせていただきました。

 

今回はもう一つよく受ける質問である「誰と起業すべきか」という点に関して、私なりの意見を申し上げたいと思います。

 

まだ成功もしていないベンチャー企業のはしくれの私が言うのもおこがましいのですが、話半分で聞いていただければと思います。

 

実は私は約4年前、大学院(MBA)在学中に別の事業の立ち上げを画策しておりました。

 

「おい!前回の起業の背景はなんだったんだよ!」というツッコミが聞こえて来そうですが、待ってください。話は最後まで聞いてください。

 

その事業とは「クラウドソーシング」でした。

当時で言えばoDesk(現Upwork)が世界的に有名で、現在の日本で言えばランサーズさんやクラウドワークスさんが手がけている事業です。しかし、結果としてクラウドソーシング事業は立ち上がりませんでした。

 

結論から言うと、同じ志を持つメンバーが集められなかった。それに尽きます。

 

そんなこんなを経て、山田とともに立ち上げたのがiCAREです。

すでに起業から4年以上経ちますが、結果としてこの事業を立ち上げ本当に良かったと思っています。

 

起業にもいくつもパターンがあるし、類型化すれば様々な意見もあるとは思いますが、私の経験を踏まえて申し上げるならば、「誰と起業すべきか」という問いは「誰と結婚すべきか」という問いにすごく似ているということです。

 

ここが好き、ここが嫌い、見た目が良い、背が高い、頭が良い、年収が高い、家事ができる、料理が上手・・・結婚を条件だけで決めようとすると、そんなことを考えてしまう人も多いと思います。そして、それを満たしていないと減点・・・それって埒があかないですよね?

 

起業もそれと似ていると思います。条件だけで選べば良い方も、悪い方もいる。

それが世の常だと思うのです。ただそれはタイミングや巡り合わせもあるし、一概に何が正しい間違っているという世界は無いのも事実です。

 

では、起業の、結婚のパートナーとして誰を選ぶべきなのか。私の結論は一つで、

 

「同じ夢を見ることが出来るか」

 

それに尽きます。

 

楽しい時、辛い時、苦しい時、逃げ出したい時、そんな事は日常茶飯事でやって来ます。その時に、好き嫌いでなく、同じ夢を持つパートナーとして歩むことができれば、大概の困難は乗り越えられる。私はそう感じています。

 

今我々はまだ道半ば、志半ばです。iCAREはこれからも歩みを進めてまいります。

そして必ずや世の中に多くの健康を創出し、人々に必要不可欠なサービスに育てて参ります。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。

 

末筆になりましたが、皆様、良いお年をお迎えください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<追伸>

※人生に、キャリアに迷ったら、いつでも相談に乗ります。(無料)

※結婚は人生の全てではありません。でも、もし結婚相手を探している人がいらっしゃいましたら、いつでも連絡ください。成婚実績3組あります笑。(無料)

※iCAREでは仲間を探しています!我こそはという方はご連絡ください。(有給)

 連絡先:info@icare.jpn.com

 

f:id:icareofficial:20151221233358p:plain

KBS時代の恩師で監査役に就任いただいた山根先生とiCAREメンバーで記念撮影

 

www.icare.jpn.com