iCARE公式ブログ

世界一のヘルスケアカンパニーを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

室内栽培のすすめ

こんにちは

 

デザイナーの永堀です。

今回は『室内栽培』について書きます。

 

私は3年前から趣味で

・パクチー

・バジル

この2つを育てています。

 

    f:id:icareofficial:20180528134821p:plain

右上:バジル

下2つ:パクチー

 

 

 

今まで屋外で育てていまして、虫や天候の影響を受けてとても苦労をしました。

なので今年から、室内栽培に切り替えたら、とっても楽!

今回は室内栽培にしてよかったことをまとめたので、

これから何か栽培したい〜と、お考えの方に参考にして頂けたらと思います。

それでは、早速

 

 

 

室内栽培のメリット

◻︎アブラムシがつかない

  屋外はアブラムシが物凄く着く。

  3年前アブラムシに侵食され、パクチーが真っ黒になって枯れました。

  アブラムシは侮れません。。。

  (お酢を混ぜたお湯をかけると良いみたいですが、面倒臭い)

◻︎目が届く場所に置けるので、水くれを怠って枯らすリスクが低い

  大雨で、苗が流されることもありません。

◻︎綺麗に保てる

  外は土やアブラムシ含め他の虫が結構つきます。

 

 

そもそも自分で育てるメリット

◻︎とにかく安い

 ・種(100円〜200円)

  パクチーとバジルの大体の相場です。

  最近は100円ショップでも種を売ってるのを見かけますよ。

 ・プランター(0円〜)

  これは、水が漏れてこなければなんでも大丈夫だと思います。

  ホームセンターでも数百円〜購入することができます。

  私はいつも発泡スチロール(0円)を使います。

 ・土(数百円)

  ホームセンターで、色々なものがあります。

  ハーブ専用の土もあり、私も最初はこちらを利用しました。

  しかも、土に肥料も含まれているので、肥料を別で買わなくて済みます。

 

 

そして、最大のメリット

無限に収穫ができる

これが、良いところです。

パクチーとバジルって、収穫してもそこからにょきにょき伸びてきます(根っこから抜いたらだめです!ハサミで茎を切って収穫しましょう)。

日当たりが良いところで、水さえあげていれば、彼らは生え続けます。

 

例えばスーパーで、パクチーを1食分買うと

1回の種代くらいしちゃいます。

 そう考えたら、自分で育ててみるのも良いのではないでしょうか?

 

以上、室内栽培&自分で育ててみるメリットでした! 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。