iCARE公式ブログ

世界一のカンパニーケアを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

台湾(台中)のスーパーローカル情報

ども!デザイナーの江口です。

 

だいぶ久々の登場です。

さて前回までデザインについてのお話を書いておったこのブログ。今回からは、たわいもないお話を書いてゆきます。

何故ならば!技術的な内容を寄稿するブログがもうすぐ立ち上がるので、そちら向けに書くことを<温存したい>からです!!!

 実はDJ

さて、私は毎年台湾に行っております。理由は、台湾の音楽フェスティバルである「無限自由音樂藝術節 unlimited freedom fes」に出演しているからなんです。

f:id:icareofficial:20181018084137j:plain

これは、台湾の真ん中にある対中から高速バスで1時間ほどの「埔里(プーリー)」という街(実際はそこからタクシーで20分くらいのキャンプ場)で毎年開催されている音楽フェスです。

このフェスはインディーズバンド中心ですが、結構ワールドワイドで台湾国内のアーティストはもちろん。日本、アメリカ、韓国、香港、中国、ポーランド、スイス、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、メキシコなどの国々からアーティストが参加しています。

で、何故私がこのような台湾のフェスにお呼ばれしたのかというと。きっかけは、友人のラッパーが出演する時にライブDJとして参加してみないかと誘われたのがきっかけで、2015年から出演しています。

今年は単独のDJとしても出演してきました。

 

大好き台湾!観光地以外でも楽しい台湾!

今回はそんなこんなで台湾に毎年行っている私から「ここ行くと良いかもね」情報を少し提供できたらと思います。

 

困った時の三越様

まずは三越の紹介。正しくは、新光三越と言って台湾の主要都市に必ずあります。(詳しくはこちらの公式サイトでみてくださいね。)

私はだいたい台北、台中、高雄(左営)でお世話になることが多いです。

なぜ、三越を利用するのかというと2点

その1、トイレ

台湾のトイレは思いの外綺麗なんです。けれどウォシュレットが付いていないこともしばしばあります。その点で、三越に入っておけばまず間違い無いです。
街中でお腹痛くなったら必ず「この辺に三越あったっけな?」って頭よぎります(笑)

その2、両替

三越では営業時間中に両替できるカウンターがあります。営業時間中であればいつでも両替できるので、街の両替所がしまってからでも安心して両替できます(※各店舗で違うかもなのでHPで確認してくださいね)。日本語ができるスタッフさんがいるので、言語の面でも安心ですね。

これは、初めて台湾に行った時の話ですが。現金をほとんど両替せずにカードで暮らそうと思って生活していたのですが、、、夜市とか小さなお店ではカードが使えないところが結構あってあっという間に現金がなくなりました。でも街中に両替所や銀行が結構ありますし、現金を日本円で持っていたこともあり「夜市に行く前に両替すれば良いや」って思っていて、あまり気にせず日中を過ごしていたんです。

ところが!

いざ夜市行く前に両替しようと思ったら、銀行はもちろん両替所も「15時までで閉店」という事実にぶち当たってしまいました。「夜市での食事は諦めて、コンビニ弁当で過ごすか…」と思っていたら、「三越には両替所があるらしい。しかも21時までやっているらしい!」という情報をゲット!

なけなしの台湾ドルを使ってタクシーで台中の三越へ移動し見事両替ができたという体験をしました。

これいらい、「困った時の三越様」が確定しました(笑)

 

よく行くお店のご紹介

台北の情報はネットにゴロゴロ転がっているので、今回はよく行く台中のお店を紹介しますね。

水餃子。

「逢甲夜市」の中にある「予(豫)春園面食館

f:id:icareofficial:20181114102318j:plain

ここはいいですよ〜。
地元の人が食べに行く飲食店です!21時半くらいには閉店作業はじまるので気をつけてください。

まずは水餃子!

f:id:icareofficial:20181114102504j:plain

水餃子は3種類あります。何かの(?)水餃子、セロリ(紅芹)水餃子、フェンネル(茴香)水餃子。
おすすめ順に書くと「フェンネル」>「何かの」>「セロリ」って順ですね。全部好きだから全部頼むんですけどね。

牛肉麺(ニュウロウメン)

f:id:icareofficial:20181114102628j:plain

真っ黒なスープに引くかもしれませんが、東京うどんのそれとは違ってあっさり味です。食べる時に麺をすすっちゃダメよ!

この2品は必ず頼んでください!マジ美味いです!しかも日本では、なかなか食べられない味付けです。

※「何かの水餃子」について。調べてみたら「ヒユナ(アマランサス)」ってほうれん草みたいな熱帯地方の野菜だそうです。

 

魯肉飯(ルーロウハン)と肉燥飯(ルージャオハン)

続いては魯肉飯と肉燥飯です。魯肉飯はメジャーですよね。台中でよく目にするんですけど、メニューに魯肉飯と肉燥飯両方表記しているお店が多いです。経験上ですが魯肉飯が三枚肉の角煮がドカッと乗っかっているどんぶり飯。肉燥飯は粗挽きミンチ肉の乗っかったどんぶり飯。って住み分け感です。そして双方微妙に味付けが違う。本当の意味はよくわかりません。台湾国内でも意見が分かれているっぽいです。。。

そんな、魯肉飯と肉燥飯の台中オススメのお店の紹介です。

肉燥飯

f:id:icareofficial:20181114110823j:plain

まずは、台中第二市場の奥の方にある「林記古早味」の魯肉飯。

f:id:icareofficial:20181114113819j:plain
この台中第二市場には魯肉飯の有名なお店が他にありますが、僕はここのが好き。角煮(というより東坡肉かな)がドーンと乗っているので、こってりしてそうで引きますが。全く脂っこくなく、さっぱりとした味付けでペロリといただけます。

朝にしか行ったことないなので、昼には閉店しているかもです。

肉燥飯

f:id:icareofficial:20181114114147j:plain
ちょっと駅からは遠いけれど李海魯肉飯(原子店)の肉燥飯。f:id:icareofficial:20181114120418j:plain
真ん中のやつです。ちなみにここスープはおかわり自由です(汁だけ)。

お店の名前には魯肉飯の名前入っていますが、私としては肉燥飯の方がうまいと思う。
ここ肉燥飯はさっぱりしていて、それでいて風味豊かな味付け。何杯でもいけます。お新香もうまい!

にしても、写真がwお腹空いててこの一枚しか撮っていなかった(笑)

どうやら、ここのお店は先ほどの市場にも分店があるようですね。味が微妙に違うようですが

 

台湾語

台湾には国語(中国語)とは別に台湾語があります。これは台湾で昔から話されている言葉で国語とは別に普段過程で話されている言葉だそうです。台北では話す人が少なくなっているようですが、この台湾語を使うとかなりの確率で最高の笑顔をゲットできます!皆さんも台湾に行ったらぜひ使って見てください。

ドォシャー(多謝)

ありがとうの意味です。

私はこれを使い倒します(笑)高確率でびっくりしたような顔+ニコニコ顔で「ドォシャー」って返してくれますよ。

他にドォシャァリー(多謝你)がありますがこれは畏まったときに使う(かなり古い言葉だ)そうで、街中や親しい人に使う場合は「ドォシャー」で十分です。

ベンケェキ/ベンケッキ(免客氣)

どおいたしましてーの意味です。これは言う時より、ドォシャーに対しての返答でもらう時の方が多いかも。たま〜に店員さんがドォシャーって言ってきてくれることがあるので、その時すかさず「ベンケェキ!」って使うと「お!」って表情してくれますw

ツァオハオチー(超好吃)

「超うまい!」って意味です。ここでポイントは「ツァオ(超)」です。このツァオは日本語の「超」からきているそうです。夜市とかで使ってみると「讃!(ザァン)」て返してくれることがあるかも

ザァン!(讃!)

イイね!

夜市の飲食店での過ごし方

最後に、夜市の飲食店について書きますね。

オーダーパターン

台湾夜市での基本的な食事オーダーパターンは「主菜+副菜+スープ」だそうです。なので私のように、「水餃子と水餃子と水餃子」ってオーダーしていると必ず「炒め物は?」「スープどうする?肉スープおいしいよ。」などと言われます。一連の流れから外れてるから「あれ?炒め物とか頼んでないよ?文字読めなくて、わからないのかな??」的に聞いてくれているそうです。

マク◯ナルドの「ご一緒にポテトいかがですか?ご一緒にチキンナゲットいかがですか?」的なアップセルレコメンドではないそうです。

飲み物

夜市のお店には飲み物が置いていないところが結構あります。こういう場合は飲み物の持ち込みオッケーなお店がほとんどです。私はすぐにコンビニにビールを買いに行きます。
※初めてのお店では必ず「ビール買ってきてもイイ?」ってうかがっています。

もちろん、ドリンクメニューがあるお店はあるので、そういったお店では持ち込みダメなところあるので気をつけてくださいね。

 

台湾旅行に行く際の参考になったかな?ローカルすぎてあまり役に立たなかったかもですが(笑)

余談。オススメのエアチケット

東京の方なら

往路:チャイナエアラインCI223便(7:25羽田空港発→10:25松山空港着)

復路:チャイナエアラインCI222便(18:25松山空港発→ 22:05羽田空港着)

が断然オススメ。松山空港は台北の中心街からも近いので移動がとても簡単です。現地着いてすぐにホテルへ行って荷物預けて観光に向かえますよ。