iCARE公式ブログ

世界一のカンパニーケアを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

真面目なブログです

行儀良く真面目なんてできやしなかった〜

夜の校舎窓ガラス〜壊して回った〜 

 

 

 

 

どうも、夜の校舎にはまず行かない、

〜夜の学校とか普通に怖いし〜 みゆまきぬおです。

 

11月に入社し、2ヶ月も経ってしまい、今回が初ブログです。ご容赦くださいませ。

 

普段はiCARE社で真面目に営業をしている私なのですが、実は小学校2年生頃からサッカーを始めて

大学卒業まで続け、社会人になってからは競技のフットサル社会人チームに所属しておりました。

全国大会最多優勝校にも所属していたことがあり、自称元サッカーエリートでございます。(どや)

 

 

とはいえ、ここは健康をテーマにブログを書いているiCAREブログなので今回は真面目に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーとフットサルの違いと社会人がフットサルをやるメリットを

どちらの競技もやっていた私がわかりやすく書いていきたいと思います☆

 

わかりやすい違いとしては下記の点です。

①コートサイズの違い:言わずもがなわかりますよね

(フットサルのコートはサッカーの9分の1の大きさです☆狭いぜ☆)

 

②競技者数の違い:言わずもがなわかりますよね

(サッカーは11人、フットサルは5人で行います(キーパー含む)少ないぜ☆)

 

③ボールの違い:言わずもがなわかりますよね

(サッカーで使用されるのは5号球、フットサルでは4号球

サッカーボールよりフットサルボールは一回り小さく、重い!バウンドしにくいぜ☆)

 

④交代制度の違い:言わずもがなわからない部分ですね

(サッカーは交代できる人数が決まっています。フットサル交代はいつでも何人でも自由!

審判への申請もいりません!)

 

⑤プレーの再開の仕方:言わずもがなわからない部分ですね

(ボールがコートの外に出た時のプレーの再開の仕方、

サッカーはスローイン(手で投げます)フットサルキックイン(足で蹴る))

 

⑥オフサイドの有無:言わずもがなわからない部分ですね

(サッカーには、オフサイドというルールが存在しており、多分あまり見てない人は見てて

ややこしいルール。But、フットサルにはオフサイドのルールは存在しません。)

 

試合時間:言わずもがなわからない部分ですね

(サッカー45分ハーフ、フットサル20分ハーフbut プレーイングタイムはボールがコートの中にある

時間を測るためボールが外に出たりファールがあったりすると、その都度、毎回時計は止められます!

フットサルにはロスタイムの制度はありません。)←まるでバスケ!

 

⑧タイムアウトの有無:言わずもがなわからない部分ですね

(フットサルでは、サッカーには無いタイムアウトという制度があります。)←まるでバスケ!

 

⑨第2PKの有無:言わずもがなわからない部分ですね

(フットサルには特有の第2PKというルールがあります!チームの反則の合計が5個になった場合、

6個目のファールで第2ペナルティーマークからの直接フリーキックが与えられるというルールです!)

←まるでバスケ!

 

 

その他ですね、4秒ルールの有無とか、バックパスの禁止の有無というのがありますが、

ご査収ください。

たくさん書きすぎて疲れました。

 

 

 

簡単にまとめると

ボールを使う、足を使うことが共通しているくらいで、ルールも異なれば、プレーのスピードも異なります。

フットサルは、サッカーよりも足を使ったバスケットボールに近いスポーツと考えてもらえると良いですね!

 

 

そして、社会人がフットサルをやるメリットとしては

コートが狭い分、状況を瞬時に判断する力が身につきます!

もたもたしてたら相手にボールを奪われますし、攻守の切り替えが一瞬でも遅くなると

簡単に失点してしまうので気持ちの切り替え能力も高まることでしょう。

社会人としての戦闘能力が5から53万になるとかならないとか。

 

 

 

コートが狭い分スピーディーな展開がなため、選手は疲労度が凄まじいですが、

スポーツ観戦が初心者の方でも展開がスピーディーで観てて楽しい☆ですよ。

 

 

もっとフットサル知りたい!見たい!という方はみゆまきぬおと一緒に観に行きましょう。

 

百聞は一見にしかずです。

 

 

 

おわり。

 


ボラのハットトリック!!残り1秒で同点!!