iCARE公式ブログ

世界一のカンパニーケアを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

【レビュー】社内勉強会「iStudy」開催しました!

みなさん、こんにちは。

株式会社iCARE 広報室の高澤です。

 

 相変わらず寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?私は寝起きの体温が低い日が続いており、朝起きるのが辛い日々を過ごしております。。。そんな中ではありますが、本日は定期的に開催している社内勉強会「iStudy」 についてをご紹介したいと思います。

 

iStudyって何?

 iStudy(アイスタディと呼びます)は、社内向けの勉強会の名称でして、2ヶ月に一度程度くらいのペースで行われています。内容は毎回変えています。時には営業・マーケティングの話題、またある時にはエンジニアの話題、またまたある時にはカスタマーサクセスの話題と、テーマを変えて行なっております。iCAREでどんな活動をしているのか?といったお話をしていますので、各人がどんな活動をしているのかを知るきっかけにもなっていると思います。

 

 そんなiStudyですが、来たる2019年2月14日に広報というテーマでお話しする機会をいただきました!私がお話ししたこととしましては、以下のような内容です。

1. 自身の自己紹介(新しくご入社された方も多くいらっしゃるので、軽〜く)
2. iCAREでの広報活動についてスライドを使った紹介(10分程度)
3. 実際のアウトプット(実際のプレスリリースや掲載された記事の紹介)
4. 質疑応答(いろいろなご意見を頂戴しました!)
全体を通して、30分程度のセッションになります!

 

f:id:icareofficial:20190215164557j:plain

オフィスの壁にスライドを投影してプレゼンを行ないました。

 プロジェクタを使ってスライドを投影すると、いつものオフィスも違った雰囲気に見えますね・・・

 

iStudyを通じて感じたこと

 今回私自身がiStudyを通じて感じたことは、以下のようなことです。

1. 自身の業務の棚卸につながる
 iStydyの場で「自分の業務がどのようなものか?」を考える良いきっかけになりました。iCAREでの役割をみんなに知ってもらうことで、お互いに求めるもの求められるものが明確にできたのではないかと思っています。一つの例を挙げますと

・広報は社内/社外で情報発信する話題=ネタを求めている

・社内/社外での出来事を広報にも伝えよう みたいなことでしょうか。

 

2. 端的に伝える、を鍛えられる
 伝えたいことはいろいろあるけれど、たくさん詰め込まれても全部を覚えていられることは少ないですよね。ましてや自分の仕事以外のことを紹介しているのですから、どうしても限度は出てくると思います。とはいえ、できる限りわかりやすい単語を選んで話したり、実際の例を見せながら説明をすることで広報のことを知らない方でも理解してもらえるように頭をひねっておりました。(結果として、どれだけ伝わったのか、少し不安ではありますが・・・それを聞くことで改善点を見つけて修正もできますよね)。

 

 3. 相手を知る良いきっかけになる
 今回は私が説明をする立場でしたが、聞く側の目線で考えた場合はその人がどんな仕事をしてiCAREに貢献しているのかを知るきっかけとなります。相手のことを知れば、日々の業務とのつながりも見えてきますし、手助けすべき点は何かを知るヒントも得られると思います。そして他メンバーがどんなことをしているか興味を持つことは、自分の知識の幅を広げることにもつながるのではないかと思います。いろいろな立場の人が意見を持ち寄れば、新しい知見や気づきを得ることもできると思います!

 

 ということで、iStudyでの出来事をざっくりと書かせていただきました!講演したスライドも公表できそうでしたら追って公開させていただきますので、期待せずにお待ちくださいませ〜。 

 

 ち・な・み・に

 

 

 この日は2月14日ということで別サプライズな出来事も起こったのです!!!

 

 

 その内容は・・・日を改めてご紹介します!乞うご期待!

 

f:id:icareofficial:20190215172713j:plain

最後はグダグダ感が出てしまいましたが(苦笑)、ありがとうございました!