iCAREで働くひとが見えるブログ

働くひとと組織の健康を創る

iCARE初の広報担当が実践した半年間の活動を振り返る

みなさん、こんにちは。

株式会社iCARE 広報室の高澤です。

 

だんだんと暖かくなってきましたね~。

4月になりましたので、新天地で新しい生活を始めている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな今日この頃ではありますが、

この記事では私が半年間で行ってきた活動の数々を書き残しておこうと思います。

ブログをご覧になっているということは、iCAREのファンも多い?と感じますので、

その辺りを加味して、より関心を持っていただければと思っています。

 

 

広報業務の事前準備

私がiCAREに入社したのは201810月なのですが、入社してから以下のようなOKRを掲げて活動してきました。OKRについては、こちらの記事も参考にしてください。

 

icare.hatenablog.com

 

 

FY18 3Qの活動

O: 自社を世の中に広く認知させる

KR1: 正しい情報集約と計画的な情報提供による戦略PRの構築(ブランドガイドライン策定、FACT SHEET準備)

KR2: 産業医ユーザー会の自社開催とHRイベント参加で、オフラインの自社ファン創出

KR3: 事業提携アライアンスを加速させて再現性ある勝ち筋を

 

その結果、2018年末にはFACTSHEETとブランドガイドラインを用意をしました。

 

ドキュメント作成のほか、10月からのプレスリリース配信を担当させていただきました。(iCAREのプレスリリース一覧へ飛びます)

www.icare.jpn.com

 

その他に以下のようなことを行ってきました。

  • メディアリスト作成(140の連絡先をとりまとめ)
  • メール配信サービスを使ってプレスリリースを送る
  • 社内の出来事を周りの人からキャッチアップしてSNSやブログにアップする
  • 外部メディアへの寄稿を開始する(以下のリンクを参考にしてください!)

tokuteikenshin-hokensidou.jp

 

 

また、上記には含んでいないですが、これ以外に月に一度程度のペースで広報さんの集いにも足を運びました。iCAREが創業してから広報業務を専任でやってきた人がいない状況でしたので、すこし不安。。。という気持ちもありました。が、広報の集いに行くと、結局のところみんな考えていることは同じで誰もが苦労していることを知りました。それを肌で感じた私は、結果としてなんとなく安心したことを思い出します笑

 

そして、2019年からは「いよいよ本格的に広報を稼働していこう!」ということになりましたので、以下のような目標を掲げることにしました。

 

 

FY18 4Qの活動

O: 自社を世の中に広く認知させる

KR1: プレスリリース月2 / ニュースリリース月2本を配信し、自社の取り組みを継続的に配信する。

KR2: Carely導入事例orリリースを6件作成することにより、自社及びCarely認知の向上に貢献する。

KR3: 保健指導リソースガイドでの執筆プロジェクトを通じて、保健師への認知を広げる。

 

結果としましては、こんな感じです。

  • プレスリリース6件、ニュースリリース13件配信!
  • 導入事例2件掲載!
  • 保健指導リソースガイドの記事3件配信!

 

半年の間に出たプレスリリースの中にはあの本経済新聞に掲載されたリリースもありました。これはほんの少しかもしれないけれど、会社の認知に貢献できた」と感じる出来事でした。協業に関するプレスだったのですが、両社の打ち合わせに同席した際に自らプレス配信の提案をして、社内、社外、記者の間で諸々調整を繰り返すことで実現した出来事でしたので、自分の中でもとても印象に残っています。その時のプレスはこちら。

www.icare.jpn.com

 

その他やってきたこと

また目標とは関係ありませんでしたが、社内での出来事をブログに書いてお取引先の企業の方に紹介していました。社内でのラジオ体操や、マラソン大会への参加お祭り制度の紹介書初め大会の様子などなどきりがありませんが、どれも「内容が面白い」とか「iCAREの風土が伝わってくる」などの声をいただけまして、私にとってもささやかな喜びでした。個人的には社内で働く人がどんな思いを持って活動しているのかを知っていただくことは、大事なのではないかと思っております。ブログやSNSを通じて披露することで、よりiCAREに魅力を感じてもらえたらいいな~と思っています。

 

私は会社の情報は、常日頃から切れ目なく配信し続けることが大事であると思っております。時にはプレスリリース、ある日はブログ更新、またある日はSNS発信など、なんでも良いので出し続けることが大事なのかな~と。一つの話題が出たとしても、すぐに他から新しい反応が来ることは稀なことだと思います。ですので、社内のささやかな出来事から事業提携のような話題を緩急を使い分け配信し、誰かの目に情報が入っていくようにしていくべきなのかなと思っています。今後もこうした活動を継続しつつ、よりiCAREを知ってもらえるような活動に邁進していきたいですね。

 

広報業務を通じて感じたこと

あと、最後に一点。広報の人と会話をするにあたり感じたこととして

  • 「広報の活動はなかなか結果が見えにくい」
  • 「一人広報なので、社内の人の理解が得られない」

というのが同業種の人たちが悩んでいるトピックスのように思います。

今回の記事に書かれた内容は、実際に実施したことをもとに書かせていただいております。ですので、もし同じように広報業務に悩まれている方の参考にしてもらえればいいな~と思っていますし、今後は自分の活動を記録して、広報業務を担当する人との交流も行えればと思っています。

 

直近では、20192月には社内で広報についての勉強会を開催させていただきました。以下の記事は社内向けの催しでしたが、ご参考までに当時のブログも紹介させてください。

icare.hatenablog.com

 

また良い報告ができるよう、精進していこうと思います。

長文となりましたが、ありがとうございました!

 

f:id:icareofficial:20190417141631j:plain

社内向けに行なった勉強会での一枚