iCARE公式ブログ

世界一のカンパニーケアを目ざす株式会社iCAREの公式ブログです。

クーポン券を使って風しんの抗体検査をしてきた

エンジニアの安田です。

 

弊社はヘルスケア企業なので、社員も健康管理について意識高くあるべきだという考えのもとに、風しんの抗体検査をしてきたお話をしたいと思います。

 

私達iCAREは従業員数が50人に満たないので、義務はないのですが、衛生委員会が設置、運用されています。弊社では、衛生委員会の立ち上げ、運営支援をサービスとして行っており、そのサービスをより良いものとするためという目的もありますし、健康管理をサービスとしている企業として我々自身がしっかりと職場の衛生、従業員の健康を管理するべきだという考えに基づいて運用されています。

 

icare.hatenablog.com

 

www.carely.jp

 

で、その衛生委員会で「風しんのクーポンが来たら検査受診しなさい」と言われていたので、私も郵便物に注意しておりました。

 

で、先週末にこんな感じの封筒が届きました(すみません、受診後に撮影したので開封済みですけど)

 

f:id:icareofficial:20190628113508j:plain

 

中には、ご案内、クーポン券、抗体検査受診票が入っています。(雑な写真ですみません・・・私個人の情報が含まれている箇所はぼかしを入れています。)

 

f:id:icareofficial:20190628113514j:plain

f:id:icareofficial:20190628113523p:plain

f:id:icareofficial:20190628113615p:plain

病院受診は上記抗体検査受診票に記入してから行きました。

 

「これまでに風しんにかかったことがありますか?」

とかの質問は、正直わからないので、「はい」「いいえ」どっちにすればいいの?と思いましたが、記憶にないので「いいえ」にしておきました。

 

さて、受診先ですが、「ご案内」に記載されている通り、「厚生労働省 風新追加対策」のワードでネット検索をすると、

www.mhlw.go.jp

このページが検索結果で最上位表示されます。ここから都道府県ごとの実施機関一覧表を閲覧することできます。

 

そこで、近所の病院・クリニックがあるか探してみると、自分の行きつけのクリニックがリストに含まれていました。ラッキーです。

 

私が行ったのは、

石井内科医院 | 横浜市港北区日吉本町の内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・小児科

です。

 

私がどこのクリニックに行ったかなんてのは誰の興味も惹かない話題かもしれませんが、僕はここのクリニックに20年近くお世話になっていますが、先生が大変素晴らしくて受診するたびにリスペクトの気持ちを新たにしているので、敬意を表する意味で紹介させていただきました。

 

脱線しましたが、クリニックに行って「風しんの予防接種で来ました」と受付の人に伝えて封筒を渡すと、必要な紙を取り出してくれて、かつ抗体検査受診票の記入不足分を教えてくれました。

 

先生にもあらためて抗体検査歴、ワクチン接種歴について尋ねられた上で、抗体検査をすることになり、血液採取をしてもらいました。

 

検査の結果、抗体がないということになった場合は、麻しん風しん混合ワクチンの摂取をするそうです。

 

結果は5日くらい後に出るから、1週間後くらいに電話をください、と言われて、とりあえず検査は終了しました。

支払いもありません。

 

いろいろ聞かれましたが、煎じ詰めると、抗体検査は、受診票と聞き取りで検査が必要と判断されたら、血液摂取、って内容ですね。

すこぶる簡単な話です。

 

弊社メディカルスタッフが、社内向けに以下のメッセージを書いてくれました。

 

「風疹の何が問題かって、妊娠初期の女性がかかると生まれてくる子が先天性風疹症候群を発症することがあるんですよね。心臓の病気とか難聴とか。
ワクチンを打たないことで知らないうちに人に感染させてしまうかもしれないんです。なので抗体チェックして、抗体がなければワクチンを打つことが大切。

風疹に限らずワクチンのある感染症は自分への感染を防ぐ面もありますが、人にうつさない、ということも大切なポイントなんですよ!」

 

ということで、ちょっとした手間をかけることで、未来の世代への健康被害を防げるので、皆様も是非受診してくださいね。

 

抗体なしの結果が出て予防接種を受けることになりましたら、またこちらでご報告したいと思っています。 

 

以上、風しんの抗体検査レポートでした!

 

P.S.

2019/07/09

検査後、1週間がたったので、クリニックに電話をしました。

「結果出ているので、受診票控えとクーポン券を持って来てください」とのこと。

翌日、検査結果を機器に受診。

先生からは「128倍の抗体があるから定期接種の非対象です」

と言われました。

過去に風しんにかかってたのかな?

記憶に無かったのですが・・・。

「なにか不明な点がありますか?」

と確認されたので(ここが、このクリニックの先生のすごいところなんですよねー。きちんと時間をかけて患者の不安を取り除こうとしてくれるんですよねー。)、

「予防接種を受ける場合は、二種混合(風しん麻しん)と聞いているのですが、風しんの抗体があるのはわかったのですが、麻しんについては何もしなくていいんですか?」

と聞いてみました。

「今回の国の対策事業は風しんに対してだけの検査なので麻しんに対しては抗体があるかどうかはわかりません。麻しんの抗体があるかどうか知りたければ今回の検査とは別に検査を受ける必要があります。」

とのことでした。

「風しんは妊婦に感染すると問題だと聞いているのですが、麻しんにはそういうリスクはないんですか?」

との質問には、

「確かに妊婦に感染すると問題なのは風しんですが、麻しんの方が感染した場合の症状は通常ひどいので、通常であれば麻しんの方が感染したら嬉しくないでしょうね」

とのお話でした。

 

ということで僕の疑問に対して先生に丁寧にお答えいただけたので、非常に勉強になりました。

ということで追加の風しんの抗体検査レポートでした!