iCAREで働くひとが見えるブログ

働くひとと組織の健康を創る

がんアライアワードに参加しました

f:id:icareofficial:20191126212012j:plain


こんんちは!iCAREコーポレート部の酒井です。

みなさん突然ですが、「がんアライ宣言」というのをご存知ですか?

「がんアライ宣言」とはライフネット生命様が主催する、

「がんと共に働き続けられる企業」であることを、世の中や従業員に宣言する活動です。

www.gan-ally-bu.com

弊社も今年度、「がんアライ宣言」をしました!

f:id:icareofficial:20191127104346j:plain

いい笑顔♡

また、がんアライアワード2019のエントリーもし、弊社は「ブロンズ」賞をいただきました。

表彰式が実施されるということで、ライフネット生命様CS担当のリンさんと共に参加してまいりました!

 

ライフネット生命様には、弊社サービス「Carely」を導入いただいています。

素晴らしいインタビュー内容なのでぜひご覧ください!

www.carely.jp

 

会場は八芳園さん。

厳かな雰囲気が醸し出ていて、玄関に入る前から少し緊張。

 

受付でトロフィーと可愛いリストバンドをいただいてテンション上がり、JKのノリで自撮り。

f:id:icareofficial:20191126212346j:plain

f:id:icareofficial:20191127131359j:plain



ひとしきり自撮りに満足した頃、いよいよ表彰式がスタート!

第一部は、受賞企業の取り組み発表でした。

 

どの発表企業様にも共通していたことは下記3点。

・管理者側ががんに対する正しい知識を持っている

・罹患者が不安を抱え込まないような体制構築

・制度を気軽に使えるような風土が浸透している

 

また、がんに留まらず印象的な発表をされていたのが、平安伸銅工業株式会社様です。

多国籍スタッフが在籍しており、昨年ムスリムのスタッフも入社。

 

"違いを大切にしよう"というバリューに基づき、スタッフ全員でアイディアを出し合った結果、出た案の一つが「オフィスにお祈りスペースを設置する」だったそうです。

 

様々な事情を抱えた従業員が安心して働き続けるためにはどうすればいいか?

多様性を受容する会社にもっともっと成長していくためには、がんに限らず様々な課題を解決していこうとする姿勢が大切なのだと感じました。

 

弊社CRO中野も、ここ最近英語学習に励んでいます。

 

 

がんアライ宣言をきっかけに多くの企業様と情報交換ができ、「がんと就労」の課題と向き合うはじめの一歩を踏み出すことができました!

この先更にたくさんの企業に浸透し、より良い社会になっていくことを願っています。

 

 

iCAREで働く人たちのPhoto Albamはこちら☆

www.icare.jpn.com

ご応募お待ちしています↓↓↓

www.wantedly.com

www.wantedly.com