iCAREで働くひとが見えるブログ

働くひとと組織の健康を創る

【30才バツイチ男子がiCAREに入って感じたこと】

こんにちは!はじめまして!

51日からフィールドセールスとしてiCAREに入社しました大北健一朗です。

 

入社から早1ヶ月・・・。

時のスピードはあっという間ですね・・・。

 

この1ヶ月、恐らく人類が経験したことのないことに大北は直面してきました。

そう「緊急事態宣言下での新しい会社生活のスタート」

いやいやいやマジか!と。

誰もおらんやん!と。

そこで大北は決めました。

【必ず全社員とサシランチに行く】

 

5月末時点で10人とそこそこのペースにて推移しています。

 

さて、このブログをご覧いただいている方々、

そろそろ感じてきたかと思います。

そうです【そもそも大北って誰や?】という問題です。

 

f:id:icareofficial:20200531224528j:plain

 

こんな感じです。

まぁうざいですね。わかります。わかっててやってます。

自己紹介長くなるのは野暮なので、とりあえず、

「東京都江戸川区出身のバツ1彼女のいない30才」

と覚えていただけると幸いです。

巷では「3密のできないおじさん」とも呼ばれてます。

ある意味この社会情勢において、もっとも日本に優しいおじさんと言っても過言ではないでしょう。

7才の息子がいます。

そんな感じですw

 

さて、初ブログ。

何を書こうかなと思考しましたが、

まずは手始めにiCAREに入って感じたことをお伝えできればと考えてます。

(本当はiCAREを選んだ理由という内容で書いていたのですが、自分自身でドン引きするほど、あまりに長くなりすぎたので、

次回以降順次お伝えできればと考えてます。)

 

iCAREには

「仲間に愛はあるか」という考え方をベースにして

・「楽しまなければプロじゃない」

・「自分にフタをしていないか」

・「家族に誇れるか」

というクレドがあります。

 

クレドとか社是とか世の企業にだいたいありますよね。

そしてだいたいの企業が「そうなりたい理想像で現在そうでないかつ、そうなるための行動を伴っていない」ことが多いのではないでしょうか?

「スリムで細マッチョな男になりたい」という希望を抱いた、

毎日ラーメンを食すお腹出ている男子、みたいな感じです。

(わかりますかね??www

 

つまり、理想はあるしそうなりたいけど、「日々の行動が伴っていない」クレドや社是が多いのではないでしょうか?

クレドというのは本来、日々の判断や決定の軸として機能しなければなりません。

迷ったり悩んだらそこに帰るという原点的な存在ですね。

そのためには常に、この判断はクレドに則っているか、この思考はクレドを体現しているか、

という思考をする必要があります。

 

でも人間、だいたい流されるんです。

そういうものなのです。

そういった光景は嫌なほど見てきました。

 

iCAREに入って驚いたことは、週11 on 1でも、

日々の業務でも、

ちょっとしたslackでの会話でもこのクレドに基づいた発想や考え方、精神を常に感じます。

 

大北の所属するセールス&マーケチームのクレドは「いいぞ、もっとやれ」です。

これがまためちゃくちゃ良いんですw

 

例えば大北が帰宅後、ベルフェイスをスマホにつなげて1人遠隔商談の練習をしていた時。

こちら側とお客様側で見え方が違うことに気づいたんですね。

ぶっちゃけ、30才一人暮らし男子が1人でベルフェイス使って商談練習しているなんで、若干ドン引くじゃないですか??

でもその事実をチームに伝えると言われるのが「いいぞ、もっとやれ」なんですww

こんなにチーム全員で戦い、少しでもチームに貢献できたら、構わず賞賛を与え合う。

こんな良いチームは珍しいと思います。

だから頑張れるんですよね。

気に入られたいとかでなく、このチームに良い影響を与えたいから、と。

 

でも裏を返せば、そのために常に勉強と努力をしなければならないんです。決して楽ではありません。厳しいです。

例えばワンピースでルフィの仲間がサボってたら、むちゃくちゃつまんない話になりますよねw

いやいやお前頑張れよとw

それぞれの持ち場で、それぞれの領域でベストを尽くそうと必死だから、

だからたがいに信頼が生まれるんですよね。

だから面白いし、強敵を打ち破れるんですよね。

そういった、互いに本気だからこそ生まれる信頼関係。

これがiCAREに入って強く感じた、そしてだからこそ早く貢献したいと心から思えるポイントです。

 

書きながら恥ずかしくなってきたので、そろそろ第一回を終わろうと思いますwwww

また機会をみて、かつて転職エージェントで売りまくっていた大北がなぜiCAREを選んだのか、

みたいな題でブログを書きたいと思います。

 

それではごきげんよう~~~