iCAREで働くひとが見えるブログ

働くひとと組織の健康を創る

初投稿なので、iCARE入社までのお話を。【CS健診チーム・ちばまきです】

f:id:icareofficial:20201122212002p:plain

まず自己紹介をします。

はじめまして、10月16日に入社しました千葉真希と申します。

秋田県秋田市出身、現在28歳です。ちばまきとか(そのままw)ちばちゃんとかお呼びください!

学生時代は吹奏楽に打ち込んでおり、高校では全国大会に出場しました。ちなみに担当していた楽器はユーフォニウムという少々マイナーな楽器です。

f:id:icareofficial:20201122170456j:plain

実家から引っ張り出してきたので画質は許してください

その後新潟大学に進学し材料工学の分野を勉強しつつ、音楽サークルや大学内外でイベントを企画・運営したり、「東南アジア青年の船」という内閣府の事業に参加したり、興味のあることを手当たり次第に挑戦して学生生活を過ごしました。

(学生時代はしくじりまくりだったのでその話も別でしたい)

 

新卒で入社した会社は、千葉県は佐倉市という(こちらも少々マイナーな)ところにあります街づくり企業でした。そちらで住宅リフォームの営業、街のイベント企画、いわゆる不動産事務、HPやWeb広告担当などなど様々な立場を経験させていただき、約5年勤務しました。

 

そんな私は現在iCAREのカスタマーサクセス部にて、健康診断代行チームに所属しております。

入社して1ヶ月ほど経ちまして、今回は改めてiCAREに入社した理由と意気込みについて書きたいと思います。前置きが長いですね。

 

転職しようと思った理由

前職は新卒入社なので転職は初めてでした。理由としては3つほどあります。

  • 結婚して、今後のキャリアを考えた
  • 変化していく環境でチャレンジしたい
  • アナログの非効率を変えたい

①結婚をきっかけにというと、ライフワークバランスのライフのほうをより大事にしたいといった理由かなと思われがちですが、強いて言うならば逆で、ワークをずっと大切にしていきたいからこそ、狭い世界で終わりたくない、今が最後のチャンスでは?と考えました。

また、絶対的に味方でいてくれるパートナーができたことで、安心して仕事でチャレンジできると感じられたことも背中を押してくれました。

 

②古き良き慣習を踏襲するだけではなく、新しいやり方やチャレンジを必須とする環境で、自分をより成長させたいと思いました。出る杭は打たれる、とまではいかないものの、なんとなく周囲と違うことをしたり今までにないやり方をすることに抵抗があり、フタをしていた自分を変えたい!と思ったのです。

(だから”自分にフタをしていないか?”というクレドに惹かれました。)

 

③不動産業界はめちゃめちゃIT化が遅れていると言われています。業者同士のやりとりはFAXだし、物件情報は全然最新じゃないし(更新も面倒くさい)。

その中で、どうやったら業務を効率化できるか、お客様側も楽に不動産探しができるかといった視点を持つようになり、そういったサービスを調べたりしていました。

また、会社の中でTEL追客や訪問からWeb集客に舵を切っていこうとする流れがあり、デジタルマーケにも興味を持っていました。

自分自身がIT、デジタルの世界に身を置き、世の中を変える手触り感のあることがしたいなあと思うようになりました。

 

なぜ、iCAREだったのか。

上記にある通りデジタルマーケに興味があったので、最初はそういったところを受けてたりもしたんですが、事業会社は激戦で経験が求められたのと、自社のサービスを伝えていく、というところがしたかったので、代理店は違うなあと思ったり。

DXで何かしようとしている会社を目指そうと、SaaS業界を調べていたところ、iCAREに出会いました。

HRテック、人事労務の効率化なら他にもたくさんあると思うのですが、そこから先の未来、効率化の先にあるもの「働くひとと組織の健康を創る」ことを目指しているところが、いいなあ〜!と思いました。

 

私もメンタル不調を経験したことがあり、健康に対する意識はもっていたつもりだったので、「こんな私にぴったりなことあるかな?」って。

ビジョンと、梅田さんのキャリアアドバイザー的面談と、めちゃくちゃ読みこんだこちらのブログが見事にハマって、ここで働きたい!と決意するに至りました。


なんでしょう、社員の皆様みんながiCAREに愛と誇りを持って仕事をしていることが、ブログを通して伝わってきたんですよね。

 

ブログじゃないですが、Wantedlyのストーリーもめっちゃ見てましたね。

おすすめの記事はこちらです。(ここでも梅田さんw)

 

www.wantedly.com

 

あとは、二次面接で同い年の役員!と知って、モチベーション上がった中野雄介さんのこちらの記事も。

www.wantedly.com

 

そういえば私はiCARE史上最も面接回数の多い内定らしいです。笑

最初インサイドセールスで受けてて、BP(新規事業)、カスタマーサクセスと、今ここに至るまでの過程は長かったですね。

でも、職種よりも、iCAREに入りたい!という気持ちが強かったのです。

(内定いただけたときは、めっちゃうれしくて、即答で入社します!と答えそうになったところ、転職初めてなこともありチキってしまい、「お時間ください」と言ってしまいました。)

 

CSとして。健診チームとして。

というわけで無事社員になれました。

なんだかんだCSにはすごく魅力を感じていて、前職でのリフォーム営業で必要だったコンサル的要素も活かせるかなと思っています。toCだったから毛色は全然違うのですけれど、顧客の成功のために伴走するというスタイルは同じかなと思います。

組織として確立されたスタイルもまだないからこそ、模索しながらあがっていけるぞ!と感じているところです。

 

目下、健診チームの一員としての目標は、健診代行という目の前のオペレーションを遂行するのはもちろん、健康診断のことなら任せて!と言えるようになることです!

人事の業務を楽にするだけではなく、根本的な課題を(まずは見つけて)解決できるように。

 

産業保健の知識も、プロダクト理解もまだまだですが、何か自分に光るものを見つけたい、つくりたいと、もがきながら頑張っていきますので、皆様今後ともどうぞよろしくお願いいたします!