iCAREで働くひとが見えるブログ

働くひとと組織の健康を創る

iCAREに入社して性格がちょっと変わりましたかおるです

こんにちは、かおることはなやま(@mt__hana)です。

 

2019年7月にiCAREにジョインして約1年半の月日が経過しました。

私の入社後1ヶ月でオフィス移転があり、本日から会社が恵比寿に移転。

いろいろなことが思い返されます。

iCAREに入社してから仕事は勿論ですが、仕事以外のマインドが変わったなと思うところがあり、今日は3つ共有してみます。

興味があればぜひ読んでみてください。

 

①自己開示をしてみようという気持ちの芽生え

【Before】

私は不特定多数への自己開示がとても苦手で、iCAREではメジャーな「入社経緯をブログに書く」という経験はしてないです。初めてのブログは衛生管理者の受験方法をしたためました。Twitterも私は入社してから半年後に情報収集のために始め、最近まで匿名で情報収集のために鍵を掛けてやっていました。 

皆さんのことは人としてとても尊敬していて大好きでしたが、なんか仕事以外のところでジャッジされるような気がしてただただ怖かったです。

 

【After】

恐怖感も薄れて発信が怖くなくなって楽しめるように。

TwitterやSlackで個人的な気持ちやくだらないことも投稿できるように。

 

発信することで助けてくれたりアドバイスをくれる人もいるということがわかりました。最高

 

②好きなこと/したいことが増えた

【Before】

灰色の日々だったのかも…?これは笑ってしまうのですが、現在セールスマネージャーの梅田さんとマーケティングのマネージャーのたけCさんと雑談していた時のこと。

梅田さん「どんな仕事が楽しい?仕事以外では何してる時が楽しい?」

私「う、うーん…たの…しい…楽しいこと…楽しいこと?」

たけCさん「酒じゃん」

私「お酒…お酒は楽しいです」

梅田さん「どういうところが?」

私「お酒はハッピーですね。何も気にしないで良くなるので。」

(以下略)

ただの酒カス。

 

当時の私は「なにこれ面接?」と戸惑いながらも、自分の楽しいことややりたいことが出てこなかったことに本格的に絶望したのをよく覚えています。

当時は仕事を楽しい/嫌とか一切挟まず「やらないといけないもの」と認識しており、プライベートでは映画等いろいろ楽しんではいたけど、暇つぶしにしか考えられなかったのかなと思います。

 

【After】

能動的に楽しむことを考えられるようになりました。

個人的に密かな楽しみを持って取り組んでいる作業はイベントバナー画像づくり。

プライベートは楽しいことに目を向けるようになり、最近は楽しいことたくさんです。

お酒は今でも大好きです。みなさま本当にありがとうございます。

 

③「とりあえず」で本買って読むようになった

【Before】

わからん。聞いてみよう。

【After】

わからん。しらべよ。

 

iCAREの方やTwitterで交流をしたりフォローしている産業看護職の方が息をするように勉強しており刺激をもらっています。産業看護職の方向けに講義を撮って配信する仕事なのですが、受講者の方からエネルギーをもらうってちょっと面白いですね。

仕事かどうかに関わらず、勉強して知識を付けるのが楽しくなってきました。

最近は大学で学んでいた異文化コミュニケーションを個人的な興味もあって改めて勉強しています。あとは世界のインスタントラーメンのこと(各国のラーメンの特性)をなんとなく調べたりしています。

 

さいごに

昔から突拍子もないことをしがちなタイプだったのでこれまではネガティブなことを言われたり純粋に引かれる機会が多かったのですが、iCAREの人たちは「面白いね〜」「素敵だね〜」「なんだそれ(笑)いいじゃん」と圧倒的にポジティブ。

iCAREの方はほかの人の人間性に対してネガティブなことを言わない空気があって、そのおかげもあって考え方が変わってきたのかなと思います。

iCAREの人たち自身が能動的に楽しんでいるのを見て私も自然と楽しいことを見つけられるようになってきて、「身を置く環境って大切だな」と実感している次第です。

 

移転をしてiCAREもまた新しいフェーズに入りました。

仕事ももっともっと成長できるように新しいオフィスでも頑張ります〜。